Pediglass Technology ペディグラステクノロジー | トップページ

医療と美容の理想的な連携を目指して
ペディグラス本部
06-6886-5268

 

会社概要  | 顧問の先生ご紹介

  ごあいさつ  | 企業ポリシー  | 巻き爪補正技術・補正器具 開発のあゆみ  | ペディグラス本部ご案内

東皮フ科医院 院長
東 禹彦

[経歴]
1979年 市立堺病院皮膚科部長
1995年 同上副院長兼皮膚科部長
2002年 同上定年退職
      東皮フ科医院開院

[主な活動]
日本皮膚科学会
アレルギー学会日本医真菌学会
日本研究皮膚科学会
日本皮膚アレルギー学会
日本接触皮膚炎学会
上記学会では評議員を長年にわたり勤めた。

[著書]
「爪」
「皮膚および粘膜のカンジダ症」
「爪の色や形で健康セルフチェック 」
他にも多数の執筆活動中

みなさん、こんにちは
東皮フ科クリニック 院長の東(ヒガシ)です。
私は長年皮膚科医をやっておりますので「皮膚のトラブル」や「爪のトラブル」で困っている方の治療を沢山おこなってきました。
その中でも巻き爪や陥入爪でお困りの方が沢山おられまして、治療法には色々なものがあります。
根治療法としては「爪を作る工場部分を切除」または「薬品で焼く」という手術があります。
また保存的療法としては何らかの器具を使い巻き爪を矯正したり、補正したりすることもできます。
これらには色々な方法がありますが、今回皆さんが学ばれるペディグラスの巻き爪補正技術は「痛みを与えずに行えて」「見た目にもよく」「補正力も強く」「即効性がある」ものなので、保存的療法として、優れている技術だと思われます。

これからこの技術を習得されるみなさんは、色々なことを沢山学ばれて困っておられる方々のお役に立てるように頑張っていただきたいと思います。





----


形成外科・皮膚科
爪と皮膚の診療所 院長
山口 健一

略歴
平成14年 東京医科大学卒業 形成外科入局
平成21年 たちばな台クリニック 形成外科
平成23年 日本形成外科学会専門医
平成25年 足の診療所表参道にて勤務
平成27年 ペディグラス認定 足爪補正士
平成28年 爪と皮膚の診療所 開院
  ペディグラス認定 シニアリストアラー

現状
 平成28年5月16日に神奈川県横浜市青葉区にて爪を専門とする「爪と皮膚の診療所 形成外科・皮膚科」を開院。
「足の診療所 表参道」は毎週水曜日に非常勤勤務としている。

この春を迎えると形成外科医になって15年が経とうとしています。
医師になり、早いうちからベストな爪医療が出来るようにと研鑽を積んでいく中で、爪の医療を適切に行うためには医師とフットケア技術者・靴技術者の連携が不可欠であると強く感じるようになってきました。
また、爪に関わる医師は形成外科・整形外科・皮膚科のすべての視点から爪を見ることが必要であり、そのためになかなか医療が進展していない現状があります。
自分はあらゆる立場の方々の橋渡しとなって、爪の為に異なった分野の医療従事者の垣根を取り払う先駆けとなれればと日々考え、保存的な矯正方法や手術の方法を数多く見てきましたが、2年ほど前に知ったペディグラス社のネイルリストアという技術には非常に驚かされました。
スキー靴が合わなかった、合わない登山靴を履いて下山したなどの後に爪が剥がれてしまうことがしばしば見られます。
その後数年経過しても変形した爪が厚ぼったく伸びてきてしまい、醜形を残してしまうことがあります。
今までは「こうなってしまっては、もう手の施しようが無い」と患者様に説明してきましたが、ネイルリストアという解決する方法が存在したのです。
驚かされると共に自分の医療はまだまだ「井の中の蛙」なのではないか?と今後の医師としてのスタンスにも大きく影響いたしました。
もっと多くの人がネイルリストアを広めて困っている方に施術することが出来ればと考えております。

形成外科・皮膚科 爪と皮膚の診療所

----

▲ このページの先頭へ